八雲の夏まつり
 

お知らせ

  八雲子どもデー開催案内
   八雲小や八雲住区地域の小学生のためにゲームを楽しめる「八雲子どもデー」を開きます。
 射的、わなげ、たおし、八雲ピッチングセンター (ボールでパネルを撃ちぬくゲーム)、
ターゲットをねらえ(手で車をおして円の中心をねらう)、金魚すくい、ヨーヨーつりなど楽しいゲームがあります。(昨年の様子

 帰りにはお菓子などのおみやげがもらえます。


 

場 所     八雲小学校校庭

開催日   10月30日(土) 午前9時30分〜午後3時30分
        雨天予備日11月6日(土) ・7日(日)、いずれも雨の時は中止とします。

  天候不順による開催の有無は、このホームページで連絡しますのでご確認ください。

参加申込  完全予約制として、申込書を八雲小と住区センター(八雲小以外)に
         氏名・学年・連絡先など記入して保護者の認印を押して提出ください。

申し込み締め切り  10月 13日(水) 申し込みは締め切りました

参加時間  密にならないように参加者を学年ごとに4回に分け、
          各1時間の参加となります。
  1回目 5年生と6年生  集合 午前9時15分、  開始 午前9時30分〜10時30分
  2回目 1年生と3くみ   集合 午前10時45分、 開始 午前11時00分〜12時00分
  3回目 2年生       集合 午後0時45分、  開始 午後1時00分〜2時00分
  4回目 3年生と4年生  集合 午後2時15分、  開始 午後2時30分〜3時30分

     * 開始5分前にはルール説明しますので必ず集まってください


 

【感染予防対策について】 
 八雲住区地域の子供たちが、三密を避け、安心・安全に楽しい一日をすごしていただけるよう、以下のように感染症防止対策を行ってまいりますので、奮ってご参加ください。

.申し込みは完全予約制とします。(参加費は無料ですが、当日申し込みはできません)
.参加できるのは、小学生のみとし、保護者や乳幼児の入場はできません。
   (特別の事情がある場合は相談ください)
.全体を学年別グループにわけて、4回の分散開催とします。
.当日は、各ご家庭で朝健康観察を実施の上、後日配布する参加票に体温などをご記入の上、お持たせください。(受付でも、検温を実施し、風邪症状が見られたり、体調不良が認められたりする場合は参加できません。)
.会場は、八雲小学校校庭です。お店の配置やゲーム内容を工夫し、密を防ぐようにいたします。
  (自転車来校は禁止です。近所にも乗ってこないでください。)
.参加の前と終了後には、手洗いを実施いたします。また、各ゲームコーナーには、消毒液を準備致します。マスクも忘れずに!
.当日、景品(お菓子を含む)がでますが、もらった景品はすべて持ち帰りとし、その場で食べることは禁止とします。持ち帰り用にリュックを持参ください。
.水筒を各自持参していただき、水分補給に努めます。
.スタッフも事前登録をし、当日検温、健康観察を実施します。

   
活動内容
  八雲子どもデー開催 2020年11月15日
  八雲の夏まつり実行委員長 銅坂 慎
 

 本年は新型コロナ禍の中、早々に毎年恒例の夏まつりの開催を断念し、何か地域の子ども達が明るくなれる事ができないかと思い、春先から会の構想を少しずつ考えてきました。
ロックダウン明けの6月19日に八雲子どもデーとしての第1回目の役員会を皮切りにスタートし、今回出店して頂いた6つの団体の皆様と短期間で何度も会合を開催し議論致しました。

 又、開催日についても当初予定していた10月10日、予備日の11日は台風14号の影響でやむなく中止の判断を致しましたが、関係者の間でここまで議論して、用意してきた八雲子どもデーをどうしても開催したい、という思いを結集させ、11月15日に晴天の中で八雲子どもデーを開催する事ができました。

 当日は安全を確保しつつ、子ども達の沢山の笑顔を見る事ができ、非常に良い会となりました。ご協力頂いた関係者の皆様、本当に有難うございました。来年も継続するか、夏まつりに戻すのか、非常に悩ましいです・・・。

 

校長先生から新型コロナへの注意などを聞いてスタート
      校長  長谷  豊   
   2度の雨天延期を乗り越え、雲一つない秋晴れの中、やくも子どもデーが大成功のうちに幕を閉じました。

 子どもデーの趣旨を子供たちに伝えるとなんと330名以上の子供たちが申し込みをし、その時点で、すでに「期待度・楽しみ度」はMAX、当日も興奮の連続で、あっという間に時間が過ぎていきました。

 「前の日はドキドキしてねむれなかった」「本当に楽しかった」「また、やりたい!」「来週もお願いします!」など終わった後もまだ興奮が冷めない様子でしたが、子どもたちには、「これが当たり前ではなくて、みんなのことを思ってくれる人がたくさんいる八雲だからやってもらえるんだよ。」「感謝の気持ちを忘れないようにしよう。」などと私の思いを伝えました。

 八雲の子どもたちは幸せ者です。ぜひ、これからも様々な経験を積み重ねながら、この町を「我がふるさと」と感じ、この町を愛する心豊かな子供たちに成長していってくれることを願ってやみません。

 最後になりましたが、北澤会長、銅坂委員長をはじめ、やくも子どもデーにかかわってくださったすべての皆様に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 
フラフープでディスタンス確保

輪投げで景品をもらおうね
 
射的、しっかり狙って撃つぞ
 
一発で倒すぞ、缶たおし

慎重に、ヨーヨー釣り
 
ボールでビンゴゲーム

景品を選ぶのも楽しいね
 
何枚ぬけるかな、えぃ!
 
アートバルーンをみんなにプレゼント

カードにスタンプを押して、お土産だよ!
 
2019年の夏祭り写真はこちら    
ホームへ