八雲住区住民会議 施設運営部会
施設運営部会は八雲住区センターの利用運営の活動を行っています。
お知らせ
 

平成29年度 八雲住区住民会議

運営員 募集

一緒にお仕事をしませんか?

 

【募集内容】

■ 募集人員  運営員 若干名(八雲住区内及び近隣に在住の方)

■ 募集期間 平成29年1月5日(木)〜1月24日(火)

■ 応募方法 住区センター窓口にある申込書に必要事項を記入 して提出(書類選考あり)

■ 受   付 八雲住区センター窓口  午前9時〜午後9時 (但し、月曜日は午後6時まで)

■ 面   接 2月4日(土) 面接時間は追ってご連絡します

■ 採用通知  2月中旬

【勤務条件・勤務内容】
       ※詳細は窓口にある「募集要項」をご覧ください

■ 勤務場所 八雲住区センター(八雲1−10−5) 及び 中根一丁目会議室(中根1−10−22)

■ 勤務条件 (平成29年度)
           ○時  給 八雲住区センター1,000円 / 中根一丁目会議室 940円
           ○勤務日数 月10日程度

■ 契約期間 平成29年4月1日〜1年間(更新可 但し、年齢制限あり)

■ 主な業務 窓口業務、施設管理など

      【問合せ先】 八雲住区センター  電話 3718−0851

 
 

AED(自動体外除細動器)を設置

  緊急時に備えて八雲住区センター1階コミュニティスペースにAED(自動体外除細動器)を設置しています。

 心停止の場合、救急車の到着までの早い時間に処置すれば救命率がぐんと上がります。決め手となるのは発生後数分の手当てです。

 近くのAED設置場所を確認しておき、また防災訓練などで救命講習を受けて、もしもの場合に備えておくことが大切です。

AEDとは・・・

 AEDは心臓の筋肉がけいれんして心停止になったとき電気ショックにより正常に戻す働きをします。
  使用方法は簡単で音声に従って操作すれば誰でも使えるようになっています。

写真
 

       資源回収しています

 八雲住区センターでは、資源回収BOXを設置しています。

      乾電池  (ボタン電池、液漏れ電池、リチウム電池は不可)         .
      
インクカートリッジ→(べルマークと同様扱い)
      
ペットボトルのキャップ
         ☆キャップ代金、400個(1Kg)10円を「認定NPO法人・世界の子どもにワクチンを日本委員会(JCV)」に寄付
         ☆「ワクチン」を必要としている、世界の子どもに届けます

 
エプソンインクカートリッジの
回収カゴ

ペットボトルのキャップ回収BOX (手前)
電池回収BOX (奥)
       中根一丁目会議室

  「中根一丁目会議室」は建物の2階で、会議室が2室(第5、第6)あります。また1階には「グループホーム みんなの家目黒」になっています。

 第5会議室(定員48人、75.60u)は、板張り床で付帯設備としてスクリーンがあり、プロジェクターの貸出しができます。 第6会議室(定員32人、50.41u)には、移動式畳コーナーがあります。 皆さんのご利用をお待ちしています。


詳細   住所・地図  スペースが無く、駐輪、駐車できません

予約  八雲住区センターへ TEL 3718-0851

写真
建物の2階が「中根一丁目会議室」
写真
第5会議室(スクリーンを降ろしたところ)
写真
第6会議室
写真
第6会議室(奥に有るのは移動式畳)


八雲住区センター 1階ホールの利用写真 1階ホールの利用写真
場所・交通

施設の利用について

施設利用団体紹介

1階コミュニティスペースのミニ展示会例(懐かしの映画スター絵画展)

活動内容
   
 

  コミュニティスペースでは随時展示しています

 八雲住区センターの1階コミュニティスペースでは、地域の方やセンターで活動しているサークルの制作した作品等を随時展示しています。
 


ワイワイギャラリー展示(H21年11月)

パネル展示
こども条例パネル展示(H19年1月)
   
ホームへ